海洋葬とはどんなものなのか

###Site Name###

火葬が一般的である日本において、それ以外の方法で故人の遺骨を納めるというのは少し前までは珍しいものであったと言えます。


しかし近年では火葬以外にも故人の遺骨を自然の中へと還すといった方法による、散骨葬といったものがものがあり、その中でも海洋葬といったものが注目を集めています。



海洋葬とは、故人の遺骨をお墓へ納めるのではなく、海へと還す事を指します。



一般的な散骨葬の場合、例えば山などに遺骨を還すなどといった場合には様々なルールがある為、指定された場所でのみの散骨となりますが、海洋葬の場合にはその他の散骨葬などと比較してもルールや規制が緩い場合が多く、行いやすいといった利点があります。



海洋葬を選択する人々が増加傾向にあるといった背景には、現代の日本の社会事情も関係していると言えます。

近年問題視されている高齢化問題を始め少子化問題、更には核家族化の増加により、現実問題として遺族がお墓を守るといった事が難しくなってきているといった問題があります。その為、始めからお墓を購入したり持つなどといった選択をせずに、海や山へと還す事を選択する家庭が増加していると言えます。

一般的な海洋葬とは、それを代行している業者などを通して行う方法であると言えます。

この場合には、事前に申し込みをし、業者へと故人の遺骨を送り、事前に遺骨を粉状に加工してもらいます。

そして当日にその遺骨を業者立ち合いの元、船の上から散骨するといった形を取ります。